電子書籍

流浪の俳人 山頭火


戦前の日本。まだ貧しい時代、着の身着のまま旅をする一人の僧の姿があった。
彼の名は、種田 山頭火。
かの有名な俳人であるが、その旅は困難な道のりだった。
家族を捨て、温もりを手放し、人々の冷たい視線や自然の厳しさを一身に受けながら、山頭火はただただ歩き続ける。

伝説の俳人、山頭火の旅と句を追った名作がついに電子化!

旅の先に、山頭火が見るものとは?
作者 未設定
出版社 ゴマブックス
価格
ポイント 5%: 10pt 進呈
版型 コミック
レビュー