電子書籍

この世に命を授かりもうして


「『生かされている』ことへの感謝を忘れてはいけない」「悪いこともいいことも、みんな自然の中にある」「縁を『結ぶ』かどうかはその人次第」「苦しいことの中に『楽』を見出す」「命の長さよりもどう生きたかが大事」。荒行・千日回峰行を二度満行した「稀代の行者」が病と向き合い、命をかけて伝えたかった「生きること」の本当の意味。
作者 酒井雄哉
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 14pt 進呈
版型 書籍
レビュー