電子書籍

刑事その五2 きりたんぼ鍋と長男


鹿野原市警察署刑事課強行犯捜査係に勤める僕は「刑事その五」と呼ばれている。僕たちのボスが「刑事その一」と呼ばれているからで、他の意味はない。そんな僕の趣味は料理。
今日はずっと僕の姉代わりをしてくれたノンコさんが、家にきりたんぽ鍋を食べに来る。鍋料理だから大人数が楽しいし、美味しい。だから今夜も「刑事その六」、パソコンにめっぽう強い田中さんと先輩刑事の加藤さんが合流。きりたんぽ鍋を食べながらノンコさんが話し始めたのは、ストーカー騒動から始まる不可思議な「事件」だった……。鍋の旨味で謎は解けるか?
アームチェア・ディテクティブならぬ、クッキング・ディテクティブ、鮮やかに登場!
作者 小路幸也
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 10pt 進呈
版型 書籍
レビュー