電子書籍

美人になることに照れてはいけない。 口紅美人と甲冑女が、「モテ」「加齢」「友情」を語る


どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
おしゃれをしたくとも恥ずかしかったり、他人の目が気になって好きな服も着れなかったり――。

『赤い口紅があればいい』で美人に見えるテクニックを明かしたシンガーの野宮真貴(口紅美人)と、『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』で素直に女を楽しめないことをぼやいたコラムニストのジェーン・スー(甲冑女)が、「女」と「女の人生」の歩き方をとことん語り合います。

<目次>
対談1 女性には「美人」と「美人予備軍」しかいない
■赤い口紅は似合わないと思い込む女性は多い
■美人になることに照れてはいけない
■若さを補いすぎると老けて見える
■授業参観はコスプレ気分で乗り切る
■モテファッションをすれば幸せになれるか
■最大公約数的なルックスが私の個性ではなかった

対談2 楽しそうにしてる人が、結局いちばんモテる
■東京オリンピックで世界に見せたい日本の成熟した女性
■今は似合わないミニスカートも70歳になったら……
■モテる服を着なくても楽しくしてれば自然とモテる
■男性は女性のわかりやすい記号に反応する
■コンプレックスを掘り下げて自分のキャラを活かす
■自分が測られるとキツイ物差しで他人を見ない

対談3 友達が少なくても、“女の人生”は楽しい!
■一人称が「僕」だった10代の野宮真貴
■二人が恋愛に関して懺悔したいこと
■友達がたくさんいると一人に過剰な期待をしなくなる
■徹底的に正論で相手を詰めても何も残らない
■女友達とケンカできる人、できない人の違いとは?
■悪い男に引っかかると、女友達が必要になる
■友達関係に年齢差が関係なくなるおもしろさ

付録「女にもいろいろあるように赤にもいろいろあるのです」

※本作品の対談1、対談2は「東洋経済オンライン」、対談3は「文春オンライン」に、それぞれ掲載されたものです。
作者 ジェーン・スー
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 10pt 進呈
版型 書籍
レビュー