電子書籍

ナチュリラ 2017年 08月号


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版に愛読者はがきは付属していないため、読者プレゼントにご応募できません。

暑さから、トップス+ボトムのシンプルなワンツーコーデが多くなる夏。
涼しさ優先、となると重ねたり巻いたりと“盛れない”ため
シンプルすぎて無難? 地味? なんだか冴えない印象に陥りがち……。

「TシャツとデニムでOK!」というプレーンなコーディネートが
悲しいかな、もう決まらなくなってきたナチュリラ世代。
どうすれば夏のワンツーコーデを素敵に着こなせるのでしょう?

そこで今号では、夏ならではのワンツーコーデを
大人らしく「ちゃんとおしゃれ」に見せるさまざまなワザや工夫をご紹介。
トップスとボトムのシルエットバランスや色合わせ、小物の選び方から足元の仕上げまで。
さまざまな“おしゃれのコツ”をたっぷりとお見せします。

今年の夏は、胸を張ってワンツーコーデを楽しみましょう!


【目次】

cover story|ワンツーコーデと、夏小物

◎大特集|おしゃれさんの「これが私のワンツーコーデ!」
・土肥牧子さん(「MISHIM」主宰)/シンプルボトムにひねりトップスでメリハリを
・郡司杏さん(「PULETTE」デザイナー)/マニッシュな中にも女性らしさを
・金子敦子さん(主婦)/潔く手放すことで“今の私”のコーデが完成

◎特集|ワンツーコーデおしゃれ化計画
・香菜子さん(モデル・イラストレーター)/ワントーンでまとめれば大人の上質感が漂って
・口尾麻美さん(料理家)/どの上下を合わせてもOK パターン化で時短コーデ
・岩野久美子さん(「リップル洋品店」デザイナー)/色合わせに変化をつけてワンパターンから脱出

素敵に着たい大人のTシャツ

夏の旅じたく
・ワタナベマキさん(料理家)/シワが気にならない軽やかな服がメイン
・masacova!さん(フォトグラファー)/旅の気分が上がる個性派をしのばせて

連載〈New Comer〉夏こそチャレンジ! 派手色ボトムの取り入れ方
連載「ダンスコ」とまいにち

スタイリスト・轟木節子さんの大人ワンツーコーデのつくり方
「アナベル」伊佐さんの脱・無難! を叶える、“ワン”“ツー”アイテム
ワンツーコーデの決め手は“アクセ”と“足元”
作者 主婦と生活社
出版社 主婦と生活社
価格
ポイント 5%: 40pt 進呈
版型 雑誌
レビュー