電子書籍

この残酷な世界でどう生きようか


テロ、排外主義、貧困・格差、フェイクニュース……あなたが今感じている生きづらさと、世界で起きている問題はつながっている!
メディア・アクティビストの津田大介さんとフォト・ジャーナリストの安田菜津紀さんが、注目のニュースをとりあげ、中東、沖縄、東北、熊本など「現場」で見たことをまじえて語り合う。
なぜ世界はこんな酷いことになっているのか。
私たちはどうしたらいいのか。
世界を俯瞰する目を持ち、個としての生きる力を養う一冊。

Part1 デマ、ヘイト、不寛容……日本は「世界の酷さ」を先取りしていた?
・「デマ」は政治目的がなくても世界を動かしてしまう
・「商業性」のみで、「公共性」を考えないメディアの登場
・受け手の側も何が「フェイク」なのかを見極める力を

Part2 なぜ日本人はこんなに不寛容になってしまったのか
・安倍・プーチン会談、あまり報じられなかった重要なポイント
・バラバラになったオスプレイを「不時着」と言われたら……
・ネットで流通しやすい「あいつらは弱者なんかじゃないぞ」という情報

Part3 「この世界はクソだ」と知ることから始めよう
・日本より欧米での報道のほうが大きかった相模原の事件
・報じられなくなってしまった、熊本・益城町の現状
・なぜ私たちは「現地」に行き続けるのか

※本書は2017年1月に新春対談として幻冬舎plusに掲載されたものです。
作者 津田大介
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 17pt 進呈
版型 書籍
レビュー