電子書籍

五臓六腑の恋(4)


夜の街で、ひっそりと営業する「よもぎ食堂」。
ここには、近くの店で働くホスト達が仕事終わりにやってくる。
食堂を切り盛りする“いちろ”は真面目な青年で、お世辞にも接客が得意とは言えなかった。
「おにいさん、俺らのこと嫌いだよね?」
ホストクラブのNo.1だという誠一のことが、いちろは特に苦手だった。ヘラヘラとした笑顔からは感情が読めない。そのくせ妙に鋭くて、馴れ馴れしくて、何かと気に障る相手だった。
「嫌いだけど、手抜きの料理を出さない。アンタの誇りがそうさせない」
けれどたった一言が、それまでの印象を一変させることがある。
なぜか熱くなる頬には、知らないフリをした。
作者 未設定
出版社 未設定
価格
ポイント 5%: 10pt 進呈
判型 コミック
レビュー