電子書籍

被写界深度 下


──早川の3年間 ちゃんと見ときゃよかった

旧校舎屋上の扉を開くと、気持ちよさそうに歌を口ずさむ早川がいた。

屋上以外では会う事のない奇妙な関係だった。

だけど、「あの日」から早川が屋上に来ることはなくなった。

今でも時々、最後に見た早川の顔を思い出す。

偶然か必然か、止まっていた時間が動きだす──…!

3年の空白、めぐりあい、合わさる時間、新鋭・苑生が描くモラトリアムラブ
作者 苑生
出版社 大洋図書
価格
ポイント 5%: 30pt 進呈
版型 コミック
レビュー