電子書籍

弟の顔して笑うのはもう、やめる 第二十六巻


あの日から、蒼介の侵蝕が止まらない。しかしその事を、誰にも悟られてはいけない。私は何事もなかったかの様に振る舞う。振る舞い続ける。これまでもそうして来たのだから、きっとこれからもそう出来る。そう思っていたのに、何故だろう…蒼介が百華といるのを見た時、平静でいられなかったのは。嫉妬なんて感情、疾うの昔に消したはずなのに。
作者 神寺千寿
出版社 松文館
価格
ポイント 5%: 5pt 進呈
判型 コミック
レビュー