電子書籍

たまにきずあと 2話


一瞬で、目を奪われた。高森が廊下でぶつかった相手の腕にあった、大きな火傷の痕。思わずソレに見入ってしまった――次の瞬間、そいつに思い切り顔面を殴られた。しかもその男・八城に手を出そうとして殴られたなんて不名誉な噂まで立てられてしまう。散々な結果にヘコむけれど、それから妙に八城のことが気になってしまって…。
作者 未設定
出版社 笠倉出版社
価格
ポイント 5%: 7pt 進呈
判型 コミック
レビュー