電子書籍

隠れスケベな風紀委員長 ひとりエッチな日常


個室へ入って鍵を閉める。ぐしょぐしょの白いショーツを下げて片足を引き抜き、冷たい便座に腰掛けた。便座に上履きを乗せて、足をM字に開く。片手はクリトリス、片手は膣口。両手を添えたら、理性のタガが外れた。「あ、あぁ、これ、これぇっ……!」花蓮は自他共に厳しい清楚で真面目な風紀委員長。しかし趣味はストレス解消のために自慰に耽ること。実は気になる科学部の耕介に秘密にしていることを見られてしまった。違うの本当の私はこんなことしないのに。
作者 未設定
出版社 未設定
価格
ポイント 5%: 15pt 進呈
版型 書籍
レビュー