電子書籍

あなたをぐんぐんしあわせに導く 運命の脚本の書きかえ方


どれほどもがいても、なかなかしあわせになれない。それは、子どもの頃に無意識に書き上げた人生の脚本のせいでした。ほんとうの自分が望む人生を歩むために、「運命の脚本」の書きかえ方を学びませんか?

目次より
第1章 なぜ、思ったような人生を送ることができないの?
その生き方は、ほんとうに望んだものでしょうか?/「しあわせ」とは潜在意識を喜ばせること ほか

第2章 生き方を決定づける2冊の脚本
「運命」の脚本はいつだって書きかえられる/生まれながらに備えている「宿命の脚本」/宿命を受け入れれば「運命」は切り開ける ほか

第3章 脚本の変更を妨げるのは、あなたを縛りつける鎖
脚本書きかえの障害となるのが「禁止令」/条件付きで許可する、条件付きで禁止する ほか

第4章 自分の生きグセを振り返る
常識を疑ってみる/気をつけて、その口グセがしあわせを遠ざける/人間関係の縛りを振りほどく ほか

第5章 どうしたら人生のV字回復を起こせるの?
おばあちゃまのようになりたい!/結婚はV字回復への最短距離?/最終的には感謝だけが、私を解き放してくれた ほか

第6章 人生脚本をしあわせで彩るために
心をいつも「しあわせ」に向けておこう/最も効果的な願かけ/まずは自分が、自分の一番の親友になる ほか

【事例集】
第7章 「運命の脚本」を書きかえて、しあわせを引き寄せる
ケース1夫の世話に明け暮れる自分に疲れた由美子さん
ケース2裕一さんが幼い頃の夢と再会するまで
ケース3他人の言動に振り回されて、いつも自分を犠牲にしている彩香さん
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 47pt 進呈
版型 書籍
レビュー