電子書籍

なぎさの媚薬(上)


「わたしを買ってくれませんか?」――透き通るように白い肌、吸い込まれそうに深い瞳、まるくやわらかな声。伝説の娼婦なぎさは、自分を本当に必要とする客の前だけに現れる。なぎさとの甘美な時間の合間に男が見るのは、あまりにもリアルな、青春時代の自分と女性たちとの夢。切なさに満ちた官能恋愛小説。
作者 重松清
出版社 講談社
価格
ポイント 5%: 50pt 進呈
版型 書籍
レビュー