新品

BLUE GIANT (1-10巻 全巻)


『岳』の石塚真一、最新渾身作!!

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本 大は、川原でサックスを独り吹き続けている。 雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。
「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」
努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。 無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。
作者 石塚真一
出版社 小学館
価格
ポイント 5%: 288pt 進呈
版型 B6版
レビュー

レビュー

音が聞こえる漫画

★5 / こう
音楽に携わる漫画はいくつか読んだことがありますがその中でも本当に音が聞こえた気がします。というのも演奏のシーンやそこに向かうまでの練習や日常等のシーン、また迫力ある演奏の描写からどんどん作品の中に引き込まれ自分がその場にいるかのような錯覚に陥りました。漫画の結末事態はちょくちょく入る主人公と関わった人たちとのメッセージ等でおそらく世界一のジャズプレイヤーになるのかと想像していますがそこに向けての主人公の成長や他のプレイヤーとの出会いが楽しみです。

様々な人の人生との出会い

★5 / やなぎあ
主人公の成長を通して、様々な「音楽と関わって生きている人」の人生を見ていきます。学校の先生、音楽をやめて他の仕事に就く人、音楽教室の講師、楽器屋さん、ジャズバーの経営者、主人公と同じように音楽に夢を追い求める人など。それぞれの登場人物の熱い人生観が力強く描かれており、感動します。

最高!!!

★5 / たわし
ジャズのこと知らなくて読み始めました。 最高に聞きたくなりました!!