新品

ひとりぼっちの地球侵略 (1-12巻 最新刊)


人口70万に満たない、そこそこ栄えた地方のそこそこな中心都市・松横市。この春、高校に入学する広瀬岬一は、入退院を繰り返す双子の兄・凪とは正反対の健康優良児。入学式当日、岬一の前に現れた"ひどい変わり者"の2年生・大鳥希。「命をもらいに来た」と岬一に迫るが、岬一の身体は負った傷をたちどころに治してしまう。驚く彼に、彼女は態度を一転させて告げる。
「一緒にこの地球を侵略しましょう」と――
作者 小川麻衣子
出版社 小学館
価格
ポイント 5%: 273pt 進呈
版型 新書版
レビュー