新品

僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している (全1冊)


浪人生になってしまった九条篤志。バイト先の珈琲店でおいしい珈琲を淹れることに腐心する日々の中、気がかりが一つあった。
それは店の片隅で平日の昼間からランドセルを傍らに珈琲を飲む亜理寿のこと。そんなある日、魔法使いを自称するその少女から篤志はある悩みを打ち明けられて――
作者 手島史詞 烏羽雨
出版社 エンターブレイン
価格
ポイント 5%: 31pt 進呈
版型 文庫版
レビュー