新品

東雲さん、いつまでいるの? (1巻 全巻)


こんなに胡散臭い色男、いてたまるか。 下町商店街にてパン屋を営む中村晴は、祖父の墓参りの途中、ある男を見かける。のちに彼と再会し、雨宿り代わりに自分の家にあげさせると、彼は『墓参り代行』をしている東雲清司と名乗った。人を惹きつける容姿と微笑みに、どうやら商店街の女性達は夢中になっているらしい…。なんとなく胡散臭く感じる晴だったが、話しているうちに気が抜けて…。
作者 水稀たま
出版社 メディアファクトリー
価格
ポイント 5%: 33pt 進呈
版型 B6版
レビュー