新品

【ライトノベル】少年陰陽師 (全52冊)


時は平安。安倍昌浩は、稀代の大陰陽師・安倍晴明の末の孫で、陰陽師。
といってもまだまだ半人前。よき(?)相棒の、物の怪(愛称もっくん)と、じい様におちょくられながら、修行に励む日々。
ある時は、異邦の大妖怪を倒し、またある時は、黄泉の屍鬼の大群から都を救う。
そんな中、またもや昌浩の周りで奇怪なことが……!

商品の詳細 :
現在発行されている「少年陰陽師」シリーズセットです!
異邦の影を探しだせ
闇の呪縛を打ち砕け
鏡の檻をつき破れ
禍つ鎖を解き放て
六花に抱かれて眠れ
黄泉に誘う風を追え
焔の刃を研ぎ澄ませ
うつつの夢に鎮めの歌を
真紅の空を翔けあがれ
光の導を指し示せ
冥夜の帳を切り開け
羅刹の腕を振りほどけ
儚き運命をひるがえせ
其はなよ竹の姫のごとく
いにしえの魂を呼び覚ませ
妙なる絆を掴みとれ
真実を告げる声を聞け
嘆きの雨を薙ぎ払え
外伝 翼よいま、天へ還れ
果てなき誓いを刻み込め
思いやれども行くかたもなし
数多のおそれをぬぐい去れ
愁いの波に揺れ惑え
刹那の静寂に横たわれ
迷いの路をたどりゆけ
彼方のときを見はるかせ
嵐の剣を吹き降ろせ
祈りの糸をより結べ
まだらの印を削ぎ落とせ
千尋の渦を押し流せ
御厳の調べに舞い踊れ
夕べの花と散り急げ
仄めく灯とひた走れ
さやかの頃にたちかえれ
願いの証に思い成せ
朝の雪と降りつもれ
ひらめく欠片に希え
こぼれる滴とうずくまれ
うごもつ蔽に捧げもて
夢見ていられる頃を過ぎ
招きの音に乱れ飛べ
こごりの囲にもの騒げ
留めの底にわだかまれ
かたしろの翅を繰り紡げ
そこに、あどなき祈りを
いつか命の終わる日が
境の岸辺に甦れ
こたえぬ背に哭き叫べ
けがれの汀で恋い慕え
作者 結城 光流
出版社 角川書店
価格
ポイント 12%: 3159pt 進呈
版型 文庫版
レビュー