新品

宇宙兄弟 (1-31巻 最新刊)


2006年7月9日、月に飛翔するUFOに遭遇し「二人で宇宙飛行士になろう」と約束した南波六太(なんばむった)、日々人(ひびと)兄弟。
時は流れ2025年、その時に交わした約束通り、日々人はNASAの宇宙飛行士となって月に向かおうとしていた。 その一方、弟の悪口を言った上司に頭突きして自動車開発会社を退職(実質的には解雇)し無職となった六太。
再就職も上手く行かず意気消沈していた六太の元に、事情を聞いた日々人からメールが届く…。
作者 小山宙哉
出版社 講談社
価格
ポイント 12%: 2089pt 進呈
版型 B6版
レビュー

レビュー

宇宙の壮大さ

★4 / やこ
映画化もされた作品です。絵のタッチがとても綺麗で、宇宙のことも詳しく忠実に書かれているところも多いので、宇宙について知らない人も読みやすいと思います。女性にも読んでもらいたい作品です。

夢は宇宙へ

★5 / さや
誰もが憧れる宇宙への夢。子供の頃からの夢を実現できる人はほんのわずかです。それに兄弟でチャレンジする展開は、宇宙に名を借りた冒険マンガです。優秀な弟とだめな兄という構図から、兄が実力を発揮するという逆転の面白さもあります。

夢を叶える兄弟の熱い思い

★5 / じんちゃん
夢を叶えようとする兄弟の宇宙に対する思いに、いつも励まされています。諦めない二人の姿勢が、素敵だな~と思います。六太のなんか憎めないキャラも好きです。いつも漫画を見ながら、この人の才能には驚きです。はやく続きが見たいです。

大ヒットマンガ宇宙兄弟

★4 / みっくん
宇宙兄弟は少年時代に「宇宙飛行士になろう」と約束した兄弟の大人になってからの物語なんですが、それぞれ別の道を歩むことになる兄弟の日々がとても面白く描かれていて、毎回楽しみに読んでいます。

感動☆

★5 / 清水ケント
定食屋で1巻を読み始めたのがきっかけで、全巻購入しました。タイトルにインパクトは感じなかったのが、今まで読もうとしなかった理由かなぁー。 小さい頃に読んでたら宇宙飛行士になりたい!と思ったでしょう。兄弟愛、優しさ、泣ける作品でもあります。友人や後輩にもすすめていますよ(笑)