新品

あしたのジョー [文庫版] (1-12巻 全巻)


東京・浅草のドヤ街に、ふらりと一人の少年が現われた。矢吹丈(ジョー)と名乗るその少年に一方的に叩きのめされたアル中の元ボクサー・丹下段平は、その動きから天性のボクシングセンスを見出し、一流のボクサーに仕立て上げんと奮闘する…。
作者 ちばてつや 高森朝雄
出版社 講談社
価格
ポイント 5%: 431pt 進呈
版型 文庫版
レビュー

レビュー

不朽の名作

★5 / さや
あしたのジョーといえば、もう伝説に近いマンガですが。あらためて今、読み返しても夢中になります。ぐいぐいと紙面に引き込まれる、ちばてつやのスーリーテーリングぶりは見事です。もちろん原作者の梶原一輝というカリスマの力も大です。

打つべし!

★5 / 泪橋
燃え尽きるまでに燃えられるボクシングを見つけ、燃え尽きたジョーはカッコいいです。そして、女子からみるとちょっと羨ましいかな。

これぞ名作。

★4 / 力石
漫画を読む人なら一度は読んでおくべきです。 後半にかけて異常に加速度を増していきます。