新品

ジョジョの奇妙な冒険 [新書版] (1-63巻 全巻)


邪悪な吸血鬼と化した人間達やその後継者たちと、自己の信念を貫く者たちが繰り広げる不可思議な戦いを描く。

【Part1 ファントムブラッド】
19世紀末のイギリス…英国貴族の青年の主人公ジョナサン・ジョースターと、下層階級出身だが類稀なカリスマと野望の持ち主ディオ・ブランドーとの抗争劇。「石仮面」や「波紋」を背景に、2人の成長や対立が描かれている。

【Part2 戦闘潮流】
1938年のアメリカ…再び世界大戦の足音が聞こえ始めたなかでジョナサンの孫、ジョセフ・ジョースターも祖父と同じく「波紋」を身に付けていた。人類を遥かに凌駕する知的生物、通称「柱の男」たちがヨーロッパで発掘され、人間の脅威となりうる「柱の男」を倒すため、ジョセフたちは各地を奔走する。

【Part3 スターダストクルセイダース】
1989年の日本…100年の時を経てDIOが復活した。時を同じくしてジョセフの孫・空条承太郎には幽波紋(スタンド)という能力が発現する。DIOの影響によって危篤に陥った母を救うため、承太郎はジョセフらと共にDIOの潜むエジプトを目指す。

【Part4 ダイヤモンドは砕けない】
1999年の日本…ジョセフの隠し子・東方仗助の住む+BI5杜王町ではスタンド使いが増え続けていた。その原因を調べるため、仗助と仲間たちは、町に潜むスタンド使いと闘いを繰り広げていく。

【Part5 黄金の風】
DIOの息子と目される男・汐華初流乃を捜し出すため、イタリアへやって来た広瀬康一。到着早々、ジョルノ・ジョバァーナと呼ばれる金髪の少年に荷物を盗まれる。似通った発音、さらにその奇妙な力を目の当たりにした康一は「ジョルノ」が「初流乃」だと確信し…!?

作者 荒木飛呂彦
出版社 集英社
価格
ポイント 12%: 2947pt 進呈
版型 新書版
レビュー

レビュー

人間賛歌

★5 / キャサリン
友人に借りて一度しか読んでいなかった作品。あの衝撃を何度も味わえるのが素晴らしい。

その誇り高き血統

★5 / curry and rice
この作品は親から子へ子から孫へと世代を移しながら人間賛歌という普遍的なテーマを軸に描かれる大河漫画です。 キャラクターやストーリーは何年たっても古さを感じさせず荒木飛呂彦という人間の奇才ぶりに舌を巻きます。

今でも高い人気を誇る王道漫画。

★5 / すまいる
展開が感動でき、面白く、かつスリリングな内容です。心理戦はジョジョにおける醍醐味だと思います。独特の言い回しや例えが癖になります。絵で敬遠している人も多いかと思いますが面白いですし、読んでいる間に絵にも愛着が湧いてきますよ。

予測できない奇妙な物語

★5 / ひろろ
ジョジョの奇妙な冒険は、魅力的なキャラクターや迫力のある画力、ストーリー展開が予測できない奇妙な物語の数々にはまります。1部から始まり、現在8部を連載中という長編です。各部のそれぞれのラストは非常に盛り上がります。

ジョジョはやっぱり面白い

★5 / さぁた
ファンがいっぱい居るのが頷ける作品です。 正直アドベンチャー系は苦手だと思っていたのですが、続きがすごく気になってしまいます。キャラクターも内容も素晴らしいです。インパクトがすごい。 こんなに漫画で熱くなれるとは思わなかったw ふるえるぜハート、燃え尽きるほどヒート刻むぜ血液のビート!! 山吹き色の波紋疾走(サンライトイエローオーバードライブ!!