夏子の酒(1)
出版社 講談社
作者 尾瀬あきら
掲載雑誌 モーニング
発行形態  コミック
最終巻発売日  2012年11月02日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

お日様みたいなお酒――。太陽の光がプリズムを通すと七色に輝くように、酒の透みきった無色の液体の中には、きめこまかなたくさんの味がひそみ、息づいている。そんな日本一の酒を造り出すことを、目標としていた兄・康男の言葉が、夏子の心を占めてはなさない。だが今、夏子は、コピーライターとして大きな仕事にかかわりだしたばかり…。“酒”をめぐる情熱と夢。大いなる夢をめざす夏子たちの辛口人間ドラマ。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
夏子の酒 漫画

夏子の酒 漫画夏子の酒 12 冊セット全巻
6,480円
お日様みたいなお酒――。太陽の光がプリズムを通すと七色に輝くように、酒の透みきった無色の液体の中には、きめこまかなたく...
詳しく見る
ぼくの村の話 漫画

ぼくの村の話 漫画ぼくの村の話 7 冊セット全巻
3,780円
「ぼくの村」、それはどこにでもあった日本の村のひとつだった――。1966年6月、少年たちは暗闇のなかで、青白く輝く馬が...
詳しく見る
蔵人 漫画

蔵人 漫画蔵人 10 冊セット全巻
5,400円
島根県の出雲空港にひとりの日系米国人の青年が降り立った。彼の名はクロード・バターメイカー。自分のルーツである、曾祖父...
詳しく見る
このページのTOPへ