蒙古来たる(下)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 グーテンベルク21
作者 海音寺潮五郎
発行形態  書籍
最終巻発売日  2012年10月26日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

朝鮮海峡のはるか彼方に不気味な牙をむくフビライの蒙古。フビライは何度も使者をよこし、「友好」と称した臣従を日本に求めてきた。鎌倉幕府はおののき、国論は分裂した。幕府の執権北条時宗は悩みつつも強硬派に組していた。一方、幕府の御家人で伊予の豪族・河野通有はこの指針を危ぶみ、時宗に諫言しようと鎌倉をめざす。その途上の京都で、通有は公卿の中納言実兼に遭い、実兼が和平論者と知るが、疑念もいだく。事実、実兼には蒙古などどうでもよく、幕府の支持する現天皇をしりぞけて、上皇をかつぎだす思惑で動いていたのである。その手足が幕府の六波羅探題(京都)の長官赤橋義宗であり、鎌倉にいる義宗の弟義直であった。実兼はすでに肥後天草の武士・獅子島小一郎を籠絡し、天皇暗殺さえ企てていたが、これは小一郎に見抜かれて失敗していた。これらの人物たちに、日本に逃げてきているペルシャの王女と家来たち、それを援助するクグツの一団が絡む。さらにはおどり念仏を主唱する智真房、声高に救国を説く日蓮などの時代の動きをもまじえて、物語はアジアにまで広がる舞台と複雑な経緯を描きながら、ついに蒙古の襲来というクライマックスへ。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 18pt
648 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
蒙古来たる 漫画

蒙古来たる 漫画蒙古来たる 3 冊セット最新刊まで
1,944円
「元寇」を壮大なスケールで描いた雄渾の歴史ロマン。
詳しく見る
海と風と虹と 漫画

海と風と虹と 漫画海と風と虹と 3 冊セット最新刊まで
1,944円
天下改革を目ざした藤原純友と平将門の夢と野望を描く雄渾の歴史小説
詳しく見る
史談と史論 漫画

史談と史論 漫画史談と史論 2 冊セット最新刊まで
1,080円
歴史上の人物を語っては当代随一といわれた著者の史談・史論・随筆。上巻は江戸・安土桃山期・明治維新の23篇を収録。
詳しく見る
このページのTOPへ