プロ野球最期の言葉 21世紀編
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 イースト・プレス
作者 村瀬秀信
発行形態  書籍
最終巻発売日  2012年12月07日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

年間100名前後の選手がユニフォームを脱ぐプロ野球の世界。自らが命を賭けてきた野球人生が終わりを告げるその時、人々の心を揺さぶるような言葉は生まれている。「引退の言葉」それはプロ野球選手たちが紡ぐ魂の伝言である。
「引退=プロ野球選手の死」と捉え、その「遺言」である「引退の言葉=最期の言葉」に注目。

本書では、2001年から2012年までに様々な思いを抱えながらユニフォームを脱いだ197人の言葉を、その選手の生き様(印象的なエピソードや成績・記録)とともに紹介します。
姉妹編の「昭和編」(1943年~1988年に引退)、姉妹編の「平成編」(1989年~2000年に引退)とあわせてご覧ください。

村瀬 秀信(むらせ・ひでのぶ)
1975年、神奈川県茅ヶ崎市出身。
2002年よりフリーライターとして活動。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ