終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅
出版社 講談社
作者 鏡貴也 山本ヤマト
レーベル 講談社ラノベ文庫
発行形態  書籍
最終巻発売日  2013年02月15日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
関連ニュース 「終わりのセラフ」ジャン...
「終わりのセラフ」追加キ...
「終わりのセラフ」に小野...
アニメ「終わりのセラフ」...
「終わりのセラフ」は分割2...
西尾維新原作による小畑健...
終わりのセラフに入野自由...
鏡貴也×山本ヤマト、終わり...
「霧雨が降る森」「黙示録...
つぶやく
対応端末

世界が滅亡し、地上が吸血鬼に支配される直前の──最後の春。一瀬グレンが入学したのは、渋谷にある呪術師養成学校だった。学校にいるのは呪術世界では有名な家系のエリート子女ばかり。身分の低い分家出身のグレンは、胸に大きな野心を抱きながらも、クズだと嘲られながら過ごす。だがそんな中、遠い昔に約束を交わした少女の、婚約者を名乗るクラスメイトが現れて――。滅び行く世界で、少年は力を求め、少女もまた力を求めた。

ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ