綿の国星 4巻

 漫画
出版社 白泉社
作者 大島弓子
掲載雑誌 LaLa
レーベル 白泉社文庫
発行形態 コミック
発売日 2016年10月20日
カテゴリ 少女漫画
タグ -
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

人間社会の複雑さや、猫としての生き方をまっすぐな瞳でみつめながら心の成長をとげていく“チビ猫”の物語。まんがのワクを超え、大反響を呼んだファンタジーの最高峰。
ポイント3% 15pt
560 税込

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

他の巻 / 全巻セット

作品レビュー

2
0
0
0
0

平均評価

5.00点/レビュー数2

もう二度と現れない、日本の詩人の作品

2014-03-26 By さん

小さな白い子猫は、人間を愛し、人間を観察する。

そんな猫の目になって描写できる作家は、
この作家以外見たことが無い。
感性溢れる散文を毎晩一話読み、
私は毎日フワフワの綿毛の夢を見る。
人は人に、鳥は鳥に。でも、私たちは同じ地球で共存する。
一瞬だけの関わる時間を大切にしながら。

綿の国星 [文庫版] (1-4巻 全巻)(紙書籍) についてのレビューです

感性溢れる、子猫の見る世界

2013-06-04 By さん

30年以上前の名作少女マンガです。
いつか人間になれると信じているチビ猫の、
感性豊かな考え、発見、遊び心が胸をくすぐります。
擬人化されて登場する猫たちは自由気ままに生きているように見えますが、
皆、悲しみや切なさを抱えて精一杯生きています。

その絵世界は繊細で美しく、ファンタジックで
今見ても、瑞々しく新鮮です。

作者の大島弓子さんは、沢山の短編を描いていて
そのどれもすばらしい作品ばかりです。
是非読んでみて下さい。

綿の国星 [文庫版] (1-4巻 全巻)(紙書籍) についてのレビューです