女帝 由奈(2)
出版社 小学館
作者 倉科遼 黒川あづさ
掲載雑誌 女性セブン
レーベル フラワーコミックスα
発行形態  コミック
最終巻発売日  2013年06月10日
カテゴリ 女性漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

お水マンガの金字塔、『女帝』シリーズのファイナルを飾る『女帝 由奈』第2巻。 '97年、韓国――ソウルのお嬢様学校・梨花(イファ)女子大に通う由奈(ユナ)は、「未来(ミーレ)グループ」の御曹司・俊秀(ジュンス)とつきあっていた。突然、父が自殺して家族を養わなければならなくなった由奈は、俊秀に別れを告げ、夜の世界「ルームサロン」で働き始める。
 一方、京城(ソウル)銀行頭取の娘・成熙(ソンヒ)と俊秀は婚約し、由奈はすべてが成熙の陰謀だと知る。
 自分と家族を不幸のどん底に陥れた者たちを見返すため、夜の世界の頂点「女帝」を目指すことを決意した由奈は、日本に渡り、歌舞伎町の韓国クラブで働き始める。さまざまな男と出会いながら、「女帝」への第1歩を踏み出すが、いまだ”処女”であることが大きな壁となり――!?

ポイント3% 12pt
432 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ