よいこ(11)
出版社 小学館
作者 石川優吾
掲載雑誌 ビッグコミックスピリッツ
レーベル ビッグコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2013年06月17日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

家庭科の時間。各班ごとに具材を持ち寄って、鍋を作ることになった。家業が鮮魚店の岩々君の班は、フグを使っててっちり。松村君の班はチャンコ。だが、風花たち三班は、各自が適当な残り物ばかりを持ってきてしまったので、中身がメチャクチャになり、闇鍋のようになってしまった。食パンの耳まで出てきたので思わず「いくら冷蔵庫に残ってたからって、食パンの耳まで持ってこなくても」と言ってしまった野口先生。すると突然ミキが泣き出した。貧しいミキの家では、食パンの耳は残り物ではなく、メインディッシュだったからだ(泣)。うっかり口をついてしまった失言のおわびに、野口先生は校長と共に、三班を最高級のすき焼き店に招待するが…

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
イヌナキ 漫画

イヌナキ 漫画イヌナキ 2 冊セット全巻
1,000円
忘れられない犬たちがかえってくる。 ひと夏の奇跡を描く「犬を迎える」。幸運を招くという老犬を飼うことになった一家を描...
詳しく見る
子泣きじじいの飼い方 漫画

子泣きじじいの飼い方 漫画子泣きじじいの飼い方 2 冊セット全巻
798円
昭和44年、翌春に万博博覧会を控えている大阪――。「私」はペットショップで子泣きじじいを見そめて買った。飼い方がわからず...
詳しく見る
このページのTOPへ