おやすみプンプン(7)

 漫画
●ポイント3% 16pt
594(税込)
出版社 小学館
作者 浅野いにお
掲載雑誌 ビッグコミックスピリッツ
レーベル ヤングサンデーコミックス
発行形態 コミック
発売日 2013年06月21日
カテゴリ 青年漫画
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

プンプンママを亡くし、一人の身になったプンプン。そこに長年別れて暮らしていたプンプンパパが現れて…!?胸揺さぶる、衝撃の悲喜劇(トラジコメディー)。必見の第7巻!!
●ポイント3% 16pt
594(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 1
★★★★☆ ■ 2
★★★☆☆ ■ 0
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★☆ 4.33点/レビュー数3
5

楽しく読むことが出来ました

2010-11-24 By さん

まず鳥みたいな形をした人が主人公という所が他の作品にはなく、こういう表現の仕方があったんだと思いました。私は今までこういった作品を読んだことがなかったのでとてつもなく楽しく読むことが出来ました。

おやすみプンプン(紙書籍) についてのレビューです

4

プンプンの成長録。

2018-12-08 By さん

プンプンの心の闇は誰でもありそうなことが原因だからこそこの漫画の憂鬱な展開もリアルだからこそ心に重くのしかかる。
文学的な独白も好き。雄一おじさんが好き。

おやすみプンプン(紙書籍) についてのレビューです

4

主人公は人間?

2013-06-04 By さん

ソラニンでおなじみの浅野いにおの作品。主人公のプンプンはたぶん人間なのですが、なぜかヒヨコの様な姿で描写されていて、プンプンの家族や親戚も同じくそんな感じで、とても不思議です。ストーリーは少し内気なごく普通の少年プンプンの日常が描かれています。しかし、プンプンに関わる一人一人のキャラクターがたっている作品なので、読みだすととまりません。最後、どうなるのかが楽しみです。

おやすみプンプン(紙書籍) についてのレビューです

594(税込)