土竜(モグラ)の唄 59 冊セット最新刊まで

 漫画
●ポイント15% 4,425pt
31,860(税込)
出版社 小学館
作者 高橋のぼる
掲載雑誌 ビッグコミックスピリッツ
レーベル ヤングサンデーコミックス
発行形態 コミック
最終巻発売日 2018年07月30日
カテゴリ 青年漫画
タグ 警察 ヤクザ
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

谷袋署百観音前交番に勤務する警察官・菊川玲二は、揺ぎない正義感を持った熱い男だが、まっすぐ過ぎるがゆえにやり過ぎてしまうこともしばしば。この日も「万引き少女に過剰な身体検査をしたコンビニ店長に対して拳銃を向けた」ということで、署長から呼び出しを受けることに。すると署長の口からは、なんと玲二への懲戒免職勧告が飛び出して…
●ポイント15% 4,425pt
31,860(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 4
★★★★☆ ■ 0
★★★☆☆ ■ 0
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★★ 5.00点/レビュー数4
5

ハラハラドキドキ!でも笑える漫画

2014-12-08 By さん

この漫画は、主人公の警察官がやくざの会長を捕まえるために潜入操作をする物語です。
任侠系の話はあんまり好きではありませんが、この漫画は本当に面白い!
やくざの男気あふれる場面もあり、普通にネタとして笑える場面もあり、私は大好きな漫画です!
みなさんもぜひ読んでみてください!おすすめです。

土竜の唄(紙書籍) についてのレビューです

5

ヤクザ社会の正義の味方物語

2014-03-19 By さん

ヤクザへの警察潜入捜査官の物語。
正義の味方の警察官であるにもかかわらず、主人公の警察官とは思えないハチャメチャな行動や言動によるピンチが面白く、そのピンチを乗り切ることによるヤクザ社会での出世劇が痛快でおもしろい。

土竜の唄(紙書籍) についてのレビューです

5

ハラハラドキドキする潜入

2013-12-24 By さん

警察官が大物やくざを逮捕するため潜入する物語ですが、非常にスリリングですし、ハラハラドキドキの連続となっています。
またお色気シーンも満載ですし、登場する女の子はどれも色っぽくその部分も楽しめます。展開も早いですので、次が気になる漫画です。

土竜の唄(紙書籍) についてのレビューです

5

土竜が行く極道の世界

2013-06-04 By さん

私は女性ですが、話の展開が面白くて、極道ものですが、いつも楽しみに見ています。主人公の土竜こと菊川玲二が繰り出す必殺の数々が、ありえないちょっと変な必殺技で笑えます。ハラハラドキドキに相応しい漫画だと思います。

土竜の唄(紙書籍) についてのレビューです

31,860(税込)