黄昏流星群(37)
出版社 小学館
作者 弘兼憲史
掲載雑誌 ビッグコミックオリジナル
レーベル ビッグコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2013年11月11日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

最愛の息子を殺した犯人は、判決が出た後に「おまえがあんなとろいガキを作ったからこうなったんだ。バーカ」と暴言を吐く。「あいつを殺して私も死ぬ」と母親は、復讐を誓う。だが出所情報を掴もうと知り合った刑務所のボランティア書道家と恋仲になり…「許されざるホシ」ほかロシア高官夫人と、報道カメラマンとのラブロマンス「雨夜の惑星」、掲載時に、あの人気作『深夜食堂』のマスターのリアル版?と話題を呼んだ「深夜の双星」の3作を収録。これからの人生に何をしたいかと問われると、もう一度、恋をしたいと答える中高年が多いという。…人生は晩秋にこそ鮮やかに色づくのかもしれない。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
島耕作セット 漫画

島耕作セット 漫画島耕作セット (全76冊)
41,040円
(5.00点/1件)
■「課長島耕作」 入社10年、33歳の若さで初芝電産広告製作部の課長に昇進した島耕作は、日々の仕事に情熱を燃やしていたが、...
詳しく見る
このページのTOPへ