黄昏流星群(33)
出版社 小学館
作者 弘兼憲史
掲載雑誌 ビッグコミックオリジナル
レーベル ビッグコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2013年11月11日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

凶悪犯罪のプロファイリングを行なう研究所に再就職した、元警視庁の敏腕刑事・小日向透。あるとき、同じ生年月日の凶悪犯が4人いる奇妙な偶然に気付いた小日向が調査を進めると、なんと4人全員が同じ病院で生まれていたことが判明。その日、その病院ではもう1人新生児が誕生していたのだが…(第1話)。大手自動車メーカーを定年退職して、現在は年金生活の朝岡源六。20年前に出張で訪れた仙台の神社で、偶然見た絵馬の文面と筆跡で妻の浮気を疑ったが、問い質すことなく時を過ごしてきた。その妻が末期ガンと宣告されたことで、彼女が逝く前に真実を知りたいと切に願ったが…(第6話)。週刊誌編集者の緒方は、取材先で知り合った上松夕紀子とつき合い始めて5年になる。今では会話もあまりなく、彼女に他に男がいても不思議ではない。そこで緒方は、共通の友人であるカメラマン・宮本になりすまし、メールで夕紀子が自分に対してどう思っているか聞き出すことにしたが…!?(第8話)

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
島耕作セット 漫画

島耕作セット 漫画島耕作セット (全76冊)
41,040円
(5.00点/1件)
■「課長島耕作」 入社10年、33歳の若さで初芝電産広告製作部の課長に昇進した島耕作は、日々の仕事に情熱を燃やしていたが、...
詳しく見る
このページのTOPへ