長生きしたけりゃデブがいい 世界的研究が証明する医学の真実
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 SBクリエイティブ
作者 新見正則
発行形態  書籍
最終巻発売日  2014年01月23日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

健康長寿のマッスルデブを目指せ!

2013年、アメリカの医学誌に発表されたレポートが話題を呼んだ。

国際的な肥満度の物差しとなっているBMI(体格指数)が、25~30未満の「過体重」のグループのほうが、BMIが18.5~25未満の「普通体重」のグループよりも死亡リスクが6%も低いというのだ。

統計的には「BMI22」が、もっとも病気になりにくく死亡率が低い「理想体重」とされている。
身長170cmなら63.6kgが理想体重。
しかし、このレポートで同じ170cmで最大86.7kgの過体重のほうが死亡リスクが低いことが明らかになった。
つまり、理想体重より20kg以上太っているデブのほうが長生きということなのだ。

逆に言うと、理想体重まで頑張って20kg以上ダイエットすると、死亡リスクの上昇につながりかねないということ。
「長生きしたけりゃデブがいい」のだ。

このレポートは、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアの100件近い研究データを全世界的に解析。
成人およそ288万人を分析したものであり、信頼度も高く、あらゆる人種で普遍的に認められる調査結果だ。

本書では、2013年のイグ・ノーベル賞を受賞した著者が、「デブ=悪」ではない、もっというと「デブ=健康的」ということについて、数々の科学的根拠をもとに徹底解説する。

ポイント3% 21pt
756 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ