女帝 由奈(6)
出版社 小学館
作者 倉科遼 黒川あづさ
掲載雑誌 女性セブン
レーベル フラワーコミックスα
発行形態  コミック
最終巻発売日  2014年03月24日
カテゴリ 女性漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

お水マンガの金字塔『女帝』シリーズのファイナルを飾る『女帝由奈』の第6巻。
ソウルで名門の女子大に通う社長令嬢だった楡娜――その幸せな人生は、父親が事業に失敗して自殺したのを機に、突然暗転する。実はそれは全て大銀行頭取の鄭<チョン>一家の陰謀によるもので、恋人の俊秀<ジュンス>も鄭家の娘・成熙に奪われた。楡娜は、日本の夜の世界でのし上がり、「女帝」となって鄭一家に復讐することを誓う。新宿・歌舞伎町の韓国クラブ「カーニバル」に入店し、由奈の名で第一歩を踏み出した。由奈は、「地上げの帝王」こと大道寺会長の力を得て一流ホステスへの道を歩き始めたが、その矢先、大道寺は由奈に「日韓の懸け橋になれ」と言い遺して亡くなった。入国管理局の摘発をきっかけに「カーニバル」が閉店し、赤坂の「ステラ」に移った由奈だが、留学生査証<ビザ>の問題がなお胸にのしかかる。そこに現れた大道寺の弁護士・葉山と、日本での後見人である益子の2人が結婚を申し込んできた。強引な葉山ではなく、益子との入籍を選んだ由奈だが、不気味な電話が頻繁にかかってきて――。

ポイント3% 12pt
432 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ