墨攻(ぼっこう)(6)

 漫画
出版社 小学館
作者 久保田千太郎 酒見賢一 森秀樹
掲載雑誌 ビッグコミック
レーベル ビッグコミックス
発行形態 コミック
発売日 2014年05月26日
カテゴリ 青年漫画
タグ 中国歴史
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

▼第1話/虫部隊▼第2話/仲間▼第3話/顔狩り▼第4話/乱入▼第5話/鼠の正体▼第6話/燃える水▼第7話/拷問▼第8話/救出 ●登場人物/革離(城邑防衛を専らとする墨子教団から追われている墨者) ●あらすじ/治水工事を手伝っていた村で飛蝗に襲われた革離。その飛蝗を見たいとやってきた不審な兵士たちは革離のことを知る墨者だった。墨者が背負っていた籠から飛び出した大量の蜂が革離を襲う。村人の雲荊は革離を助けようとするが、墨者たちは何故か去っていってしまう(第1話)。▼村人たちは相談の上、革離を村から追いだすことに決めた。自分もまたよそ者であった雲荊は、村を出ていく革離についていくことを決意する(第2話)。▼紀元前230年、秦軍により韓は滅ぼされた。仲間を探すためにその韓の町にやってきた革離と雲荊は、秦軍に抵抗している”鼠”という集団の存在を知る(第3話)。 ●本巻の特徴/革離は秦により滅ぼされた国・韓で仲間を探すうちに、蘭鋳に出会い、秦軍に抵抗している鼠という集団と行動を共にすることになる。そして、間もなくやってくる秦王・政を襲撃する計画をたてるまでが描かれる。また、謎の虫使いが現われ、革離への攻撃をやめさせたり、捉えられた蘭鋳の救出に手を貸す。 ●その他の登場キャラクター/雲荊(第1話)、蘭鋳(第2話)、薛併(第4話) ●その他のデータ/馳道(秦王のために作られた専用道路で、幅約50m、両側には土塀を築き、通行が見えないようにした道)
ポイント3% 15pt
540 税込

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

他の巻 / 全巻セット

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く