ロボットボーイズ(2)
出版社 小学館
作者 七月鏡一 上川敦志
掲載雑誌 週刊少年サンデー
レーベル 少年サンデーコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2014年06月02日
カテゴリ 少年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

▼第10話/ロボット部の危機▼第11話/人間の力▼第12話/輝く瞬間▼第13話/優勝候補▼第14話/レギュレーション▼第15話/男の意地▼第16話/納得の勝利▼第17話/スピード勝負▼第18話/勝つための道具▼第19話/秘密兵器●主な登場人物/迫水天馬(さこみず・てんま。ロボット作りとロボット競技に打ちこむ高校1年生。試合では連戦連敗、学校でもオタク扱いだが、いつも前向き)、星沢雄介(天馬の同級生。努力を否定する、クールな性格だったが…)●あらすじ/学校の女子更衣室にロッカールーム荒らしが出た! 間の悪いことに逃走途中の犯人とぶつかった霧野は、犯人と勘違いされ女子運動部員たちに捕まってしまう。天馬は、そんな霧野を救うために「ロボット部が犯人を捕まえる!」と豪語し、セキュリティーロボットの製作を開始するが…(第10話)。●本巻の特徴/3人になった天馬たち新葉学園ロボット部が次に挑む競技大会は、関東地区高等学校ロボットコンクール有線型部門「ザ・戦国」。その名の通り戦国時代をモチーフとした大会で、今年のテーマは「城山攻め」。一対一の対戦で、コース上にある「一の砦」「二の砦」「本丸」と名付けられたポイントの風船を早く割った方が勝ちになる。スピードも必要だが、一つしかない「本丸」の風船を割るためには、直接ぶつかり合っても勝てるパワーも必要となる。天馬たちは強力なライバル達に打ち勝つロボットを作ることはできるのか!?●その他の登場人物/月岡麗(天馬の幼なじみで同級生。天馬のロボット作りをバカにしている)、霧野博人(思い込みの強いナンパ男。ロボット部員になるとモテると勘違いして入部)、旭山隆一郎(さいたま電波工業高校の生徒。天馬のライバル!?)、雨宮和也(つくば科学技術大学付属高校の1年生)

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 12pt
432 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ