白兵武者(12)
出版社 小学館
作者 蝶野正洋 石渡治
掲載雑誌 ヤングサンデー
レーベル ヤングサンデーコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2014年06月02日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

▼第121話/白と黒▼第122話/風雲▼第123話/終結▼第124話/魔手▼第125話/殲滅(せんめつ)▼第126話/呉越同舟▼第127話/金色の蝶▼第128話/但馬亡国戦▼第129話/最後の戦い▼最終話/白兵は死なず●主な登場人物/鳳正之進(但馬国に伝わる“白兵武者”のひとり。不殺を信条とする)●あらすじ/三好軍をただひとりで撃破した正之進は、京に戻り、しのが肩に負ったケガを“白き力”で治そうとしていた。そこに現れた秀吉は、信長がまた正之進に過酷な命令を与えはしないかと心配するが、正之進は「“黒き力”は振るっても、けっして“黒き鬼”にはなりませぬ」と断言する。一方、信長の元へは无陀が現れていて…(第121話)。●本巻の特徴/信長と手を結んだ毛利・鬼神衆が、但馬への侵攻を開始した。故郷を護るため信長と決別した正之進は、織田軍総大将を命じられた秀吉と、そして実の父・阿修羅と対決する! 戦国近接戦闘僧兵伝、堂々完結!!●その他の登場人物/織田信長(尾張領主。自国に白兵戦闘集団を作るため、正之進の心を汚そうと企む)、木下藤吉郎秀吉(信長の家臣。戦場で出会った正之助の人柄と技を見込んでいる)、しの(山賊に襲われていたところを正之進に救われた娘)、さよ(正之進の幼なじみ。夫・春吉を斬って出奔し、雑賀衆の鉄砲使いに)、凛姫(但馬領主・山名祐豊の娘。お市の身代わりとなる)、阿修羅(毛利・鬼神衆“黒の総帥”。正之進の父)、无陀(毛利・鬼神衆から派遣された刺客)

ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
B.B 漫画

B.B 漫画B.B 31 冊セット全巻
13,392円
(4.00点/1件)
1985年~1991年にかけて、『週刊少年サンデー』に連載され、1988年に第34回小学館漫画賞を受賞。燃える血(Burning・Blood)...
詳しく見る
LOVe 漫画

LOVe 漫画LOVe 30 冊セット全巻
12,960円
自称・天才テニス少年・鯨岡洋平。彼が小笠原で出会った不思議な少女・高樹愛(通称・ラブ)は、恐るべきパワーを秘めていた…...
詳しく見る
Odds 漫画

Odds 漫画Odds 10 冊セット全巻
5,400円
高校最後の夏。「ツール・ド・沖縄」ジュニア国際120キロロードレースで、最後の追い上げもむなしく、またもライバル・藤沢に...
詳しく見る
このページのTOPへ