ファイター伝説 金と銀(2)
出版社 小学館
作者 やまさき十三 石川サブロウ
掲載雑誌 ビッグコミックスペリオール
レーベル ビッグコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2014年06月02日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
関連ニュース 羽海野チカ×BUMP OF CHICKE...
ダッフル姿の零が動く「3月...
3月のライオン×BUMP、コラ...
3月のライオン×BUMP、新曲C...
つぶやく
対応端末

▼第1話/ハングリー▼第2話/境遇の差▼第3話/バースデイ▼第4話/点火▼第5話/二人の対戦▼第6話/決着▼第7話/カムバック▼第8話/プライド▼第9話/未練●登場人物//姫岡勇二(大学を中退し、迫間ジムに入門した20歳の金持ちのお坊ちゃま)、城島五郎(新人王のタイトルを獲った後、網膜剥離で現役引退。現在は、新聞配達と代行運転業をしながら、無償で迫間ジムのトレーナーをしている。生活手段は)、知念サトル(迫間ジム所属の新人ボクサー)、迫間(迫間ジムの会長で経営者)、迫間千里(迫間会長の娘。迫間ジムでマネージャー兼ボクササイズのトレーナーをしている)、松尾(迫間ジムのトレーナー。気のいいタイプだが、お調子者)●あらすじ/新人王戦を控えたサトルに、トレーナーの城島が付きっ切りで練習をつけているのを羨望のまなざしで見つめる勇二。サトルとのスパーリングの相手も、城島自らかって出るほどの力の入れよう。しかし、勇二に接する城島の態度は冷淡そのもの。自分にひと言も声をかけてくれない城島の冷たい態度に「城島さん、なんでオレのこと無視するのかな…」と、その日の練習後にすっかり意気消沈してしまう……(第1話)。▼「自分にハングリーなど似合わない。オレのやり方で城島さんに認めさせてやる!」と決心した勇二。以来、勇二は迫間ジムにも顔を見せないでいたが、ジムの期待は成長著しいサトルに集まっていた。そんな、ある日。サトルは、バイトする「来々亭」の出前の注文で、ある豪華マンションに行くと、それは勇二の部屋だったのだ!!(第2話)(他全9話収録) ●その他の登場人物/惠(けい。サトルのバイト先「来々亭」の店員)

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ