むねあつ

出版社 小学館
作者 村岡ユウ
掲載雑誌 ビッグコミックスピリッツ
発行形態  コミック
最終巻発売日  2014年06月23日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
対応端末

舞台は山口県岩国市。弱小柔道部のキャプテンで高校二年生、正宗淳(まさむね あつし)は、柔道歴4年で試合に一度も勝ったことがない。しかし、気の合う仲間と青春柔道生活を満喫していた。
そんな彼は同級生、藍川小春(あいかわ こはる)に密かに(のつもりでバレバレ)思いを寄せていたが、ある日東京からやってきたイケメン・秀才・運動神経抜群のパーフェクト転校生、桐島篤(きりしま あつし)が、小春と急接近してしまう。
「もう、俺には柔道しかない!!(が、その柔道も超弱い!!)」と意気込む正宗の元へ、桐島が柔道部に入部したい、と小春を連れてやってきて…!?

柔道も恋愛も…狙うぜ、一本勝ち!!
猛走系不器用男子・正宗が、汗かきまくり!! 熱量振り撒きまくり!!
熱中症注意!! の青春柔道狂詩曲(ラプソディー)が開幕です!!

作品レビュー

レビューを書く
(2)
(0)
(0)
(0)
(0)

平均評価

(5.00点/レビュー数2件)

心も体も熱くなった

2012-09-13 By さん

むねあつ (1巻 全巻)(紙書籍) についてのレビューです

表紙に惹かれて読んだらクソおもしろかった!!
少年漫画みたいな王道スポーツものにも思えるけど、
尋常じゃない主人公の苦難と、さりげないからこそ伝わる確固たる友情の描き方はしっかり青年漫画的で、どこか懐かしい青春の息吹がそれを引き立ててる。
汗臭いのにさわやかな、暑苦しいのに瑞々しい。
これといった才能もない主人公なりの覚醒シーンにで、漫画読んでて初めてパンツで泣いた(笑)。
決戦では漲る躍動感の中に痛みと希望がテンポよく織り交ぜられ、これ以上ない素敵な結末に思わず泣き笑いしました。
全1巻があまりにも惜しい。続編希望です。

参考になりましたか?

3人中、3人の方が「参考になった」と投票しています。

青春。

2012-09-12 By さん

むねあつ (1巻 全巻)(紙書籍) についてのレビューです

表紙に惹かれ購入しましたが、読めば読むほど自分の学生時代を思い出される作品でした。
学生時代に見た夕日の色、他人と比べられたときの挫折感、恋愛、青春時代がありったけ詰め込まれてました。

柔道漫画で、絵もリアルで男くさいはずなのに、キャラが一喜一憂する様や仕草がとても可愛らしかったです。
なにより女の子が可愛い。

柔道シーンも文句なしでかっこよく、文句なしで面白かったです。
続きはいつ出るのかと思いきや…。よく見てみるとナンバリングが無い…。舞台がそろい、これからって時なのに非常にもったいないです。
続編が出ることを切に願います!!

参考になりましたか?

3人中、3人の方が「参考になった」と投票しています。

レビューを書く
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

関連商品
馬鹿者のすべて 漫画

馬鹿者のすべて 漫画馬鹿者のすべて 4 冊セット全巻
2,000円
宇治田真28歳。職業・コンビニ店長。いじめられていた過去に疑問を持たないようにして生きてきた。このままでいいのか? 他...
詳しく見る
葬送~2011.3.11 母校が遺体安置所になった日~ 漫画

葬送~2011.3.11 母校が遺体安置所になった日~ 漫画葬送~2011.3.11 母校が遺体安置所になった...
583円
2011年3月11日、岩手県釜石市。東日本大震災後、津波によって亡くなった人々の身元を歯型から判明させようと、遺体安置所で働...
詳しく見る
このページのTOPへ