ビッグウイング(12)
出版社 小学館
作者 矢島正雄 引野真二
掲載雑誌 ビッグコミック
発行形態  コミック
最終巻発売日  2014年06月23日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

▼第1話/肩ぐるま▼第2話/から揚げ▼第3話/搭乗券▼第4話/鏡▼第5話/一輪のバラ▼第6話/ヒーロー▼第7話/公衆電話▼第8話/道●主な登場人物/吉川久美子(新東京国際空港“ビッグウイング”の受付=ツアーデスクの新人。困っている人を見るとほうっておけない性格)、江頭主任(久美子の上司。久美子のことを厳しく、かつ優しく見守っている)●あらすじ/ぬいぐるみショーで賑わうビッグウイング。そこへ通りかかった経済評論家の牧田は、肩車された子供の靴がまぶたに当たり、その父娘を怒鳴り散らす。久美子に診療所へ案内され、手当てを受けた牧田だが一向に彼の怒りは収まらない。だがしばらく後、久美子は別人のように佇む牧田を見て心配になり、声をかけてみると…(第1話)。●本巻の特徴/近くにいるのに分かり合えない、離れていても分かり合える―― 親子の関係には、様々な形がある。表題作「肩ぐるま」他、親子の愛情物語が感動を呼ぶ8編を収録。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
人間交差点 漫画

人間交差点 漫画人間交差点 27 冊セット全巻
14,580円
(5.00点/1件)
愛と憎しみ、喜びと哀しみが織りなす無限の人間ドラマを描く珠玉の名作殺した男の子供を、刑務所で出産した受刑囚・松沢良子...
詳しく見る
このページのTOPへ