黄昏流星群(47)
出版社 小学館
作者 弘兼憲史
掲載雑誌 ビッグコミックオリジナル
レーベル ビッグコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2014年07月28日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

堀田浩二53歳。曾祖父と父親はハレー彗星が地球に接近している時期に亡くなっていた。堀田は有機栽培のトマト園を経営していたが、取引先から契約を切られ絶体絶命のピンチに。そこへ、22歳の専門学校生・香織がアルバイトとして入って来た。彼女の活躍で事業は好転するものの、代々彼の家系に影を落としてきた“彗星”は、地球に近づいてきて・・・!? 表題作『死神ほうき星』。55歳独身介護士・相良房枝の生きる希望は憧れの俳優・三田慶太郎。その三田が介護士を募集していることを知った房枝は勇んで 応募し、無事合格。憧れだった三田の世話をすることになるが・・・!? 『一途の星』。 時は2030年の東京。「生涯未婚」が男性の30%、女性は20%に達し、政府は少子化対策のため結婚している家庭には大幅な減税策をとっていた。そんな中、祭場に勤める稲田と元銀座ホステスだった山城は出会い、同居を始める。実は二人ともゲイで、政府の減税政策に浴するための「偽装結婚」だったのだが・・・!? 『未来予想図 星団』の3タイトル(9話)を収録。
一冊で3つのお話が読める、いつもよりお得な「弘兼憲史ワールド」をお楽しみください!!

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
島耕作セット 漫画

島耕作セット 漫画島耕作セット (全76冊)
41,040円
(5.00点/1件)
■「課長島耕作」 入社10年、33歳の若さで初芝電産広告製作部の課長に昇進した島耕作は、日々の仕事に情熱を燃やしていたが、...
詳しく見る
このページのTOPへ