私本太平記(二)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 講談社
作者 吉川英治
レーベル 吉川英治歴史時代文庫
発行形態  書籍
最終巻発売日  2014年08月01日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

鎌倉幕府が開かれてから130年、政治のひずみが到るところに噴出していた。正中ノ変はその典型的な例である。そして公武の亀裂はますます拡大し、乱世の微候が顕然となった。「天皇御むほん」さえ囁かれるである。当時は両統迭立(てつりつ)の世、後醍醐天皇が英邁におわすほど、紛擾のもととなった。この間、足利高氏が権門の一翼として擡頭し、再度の叛乱に敗れた日野俊基とは明暗を大きく分ける。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 18pt
648 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ