私本太平記(四)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 講談社
作者 吉川英治
レーベル 吉川英治歴史時代文庫
発行形態  書籍
最終巻発売日  2014年08月01日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

元弘3年は、また正慶2年でもあった。敵味方によって年号が違うのも異常なら、後醍醐帝が隠岐に配流という現実も、尋常の世とはいえない。眇たる小島は風濤激化、俄然、政争の焦点となった。不死鳥の如き楠木正成は、またも天嶮の千早城に拠って、5万の軍勢を金縛りに悩ましつづけている。一方、去就を注目される足利高氏は、一族4千騎を率いて、不気味な西上を開始する。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 18pt
648 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ