セトウツミ 2

 漫画
●ポイント3% 12pt
432(税込)

作品概要

関西の、とある河原。瀬戸と内海。「喋るだけ」の放課後。猫と遊んだり、トランプしたり、話したり。男子高校生、瀬戸と内海のクスっと笑えてクセになる放課後トーク10編。
●ポイント3% 12pt
432(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 3
★★★★☆ ■ 0
★★★☆☆ ■ 0
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★★ 5.00点/レビュー数3
5

漫画の表現の可能性をとんがって突き詰めた名作

2018-02-05 By さん

8巻でついに完結となりました。
元々、漫画としてはかなり異質な世界観だと思ってたのですが、8巻はいい意味で、かなりぶっ飛んでいます。今までに無かった表現で、清々しく「やられた」と感じました。
有り体に言えば「伏線回収」なのですが、今までのサブキャラをうまくまとめて、さらに新しい緻密なトリックをちりばめて美しく終わっています。
最終巻を読み終わる途中で、読者は何度か最終巻を読み返し、最終巻を読み終わった後にさらに1巻からまた読み直したくなる、そんな最終巻でした。本気でオススメしますよ。

セトウツミ(電子書籍) についてのレビューです

5

久々に漫画読んで笑いました

2017-09-20 By さん

いい年なのでギャグマンガとかは読まないんだけどこの漫画は一度読んでもらいたい。基本的には男子高校生二人がコント的な会話をしているだけなんだけどなんか面白い。関西弁なのが一つのポイントなんだと思う。あと「お前かって、米だけ食べといたら生きられるけど、デミグラスソースのハンバーグとか食べるやろ。」とかほんと名言だと思います。

セトウツミ(紙書籍) についてのレビューです

5

青春物語です

2017-02-09 By さん

放課後気の合う友達と話すのがなぜこんなに楽しいのか。青春時代ってみんなそうではなかったでしょうか?ゆったりまったりただしゃべるのが貴重な時間だと再確認させてくれる物語です

セトウツミ(紙書籍) についてのレビューです

432(税込)