神様が教えてくれた幸運の習慣

  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 幻冬舎
作者 田中恆清
レーベル 幻冬舎単行本
発行形態  書籍
最終巻発売日  2014年10月17日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
対応端末

おむすびひとつにも、神様は宿る

神道が他宗教と大きく違う点は超常現象や奇跡、ひいては理想郷を追い求める類の信仰ではないことです。
煎じ詰めると、「きよく」「あかるく」「ただしく」「なおく」生きる道を説く「浄明正直」が根幹にあり、正しくあるための生き方を探求する宗教なのです。これを実践するためには、過去に執着せず、未来に託した今を生きるのではなく、今この瞬間を生きることに注力しなくてはなりません――。
日本各地のおよそ8万社もの神社を包括する組織、神社本庁。2010年、神社本庁の総長に就任した著者が神道という道を通して伝えたい、日本人本来の生きるべき姿とは。

第1章 人生を豊かにする心得
人生の節目を大切にして生きる/周囲から見られていることを意識する/逃げ道を作らず、今の場所で努力する

第2章 日本人が培ってきた世界観
自然を畏れ、敬う心があれば「驕り」は生じない/20年ごとに再生を繰り返す伊勢神宮/日本人にとって、米は「命の根源」

第3章 身近に神様を感じながら暮らす
願いは叶えるものではなく、通じさせるもの/神社はエネルギーをチャージする場所/背中の宗教といわれる神道

第4章 他者とともに生きる
「社会」とは「神社で会う」こと/危機のときにこそ、支えになる神社/これからの神道がめざすもの

作品レビュー

最初のレビューを書いてもらえませんか?
レビューを書く
ポイント3% 14pt
518 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい