• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

軽いセクハラが重いセクハラに発展する。軽いうちにしっかり対策しよう。セクハラ上司をチクリと撃退する10のアドバイス。10分で読めるシリーズ

 漫画
●ポイント3% 8pt
322(税込)
出版社 まんがびと
作者 佐藤亜貴子 MBビジネス研究班
発行形態 書籍
発売日 2014年11月28日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

本書は職場でのセクハラ的な行動に悩まされている女性社員のための本です。上司や同僚からのはっきりとセクハラとは言い切れないような微妙な行動に対応する方法を紹介いたします。軽いセクハラも放置すれば、本格的なセクハラに変わる危険性があります。「少し嫌だな、でもどうしていいかわからない」そんな方へ、本書はヒントになるはずです。

まえがき

前書では職場においての軽いセクハラに対しての対処法を紹介した。
今回は重いセクハラになる前の撃退法を紹介しよう。
前回と同様に感情的にならず冷静に対処できるよう心がけておきたい。
男性と女性の生物学上の決定的な違いを理解しながら対応できるようになればセクハラに対して身構えることなく、冷静に対処できるであろう。
そうすることで相手に対しての理解を深めお互いに傷つくことなく気持ちいい環境で業務を遂行することができる。

就職試験から職場での男性諸氏とのやり取りまで、前書において区別した軽いセクハラが、今回紹介する重いセクハラになる前に上司を「チクリ」と皮肉を込めて撃退しておこう。
なお、今回は「8、マタハラ」において同性の上司に対しても苦言を呈している。
このことからも、今回は男性上司に限らず職場全体を対象としたセクハラに対しての対処法となる。

基本的な対処ならびに対応例を10テーマにわけてみた。

では、早速「場面別対処例」10テーマを紹介しよう。



「場面別対処例」

1、就職は外見で決まる?

2、「きみ、かわいいね。」

3、体を触られた!

4、「昨夜何か良いことあったの?」

5、「子作りの方法教えてあげようか?」

6、「今度二人っきりで飲みに行かない?」

7、(出世時やプロジェクト成功時に)女の武器使ったの?

8、マタハラ

9、裸のポスターやカレンダーを飾る

10、制服のスカートがやけに短い

次のパートでは一つ一つの事例を紹介していく。
●ポイント3% 8pt
322(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

今なら、レビューの掲載時に50ptプレゼント中! (会員ログインが必要です)

  レビューを書く
322(税込)