猫なんかよんでもこない。その4
出版社 実業之日本社
作者 杉作
レーベル コンペイトウ書房
発行形態  コミック
最終巻発売日  2014年12月26日
カテゴリ 女性漫画
タグ -
関連ニュース 杉作、タバコ屋のばあちゃ...
つぶやく
対応端末

涙と笑顔の最終巻! ついに、「そのとき」がやってきた。チン子が生きた18年の命の輝きを、オレは見届ける。雪の日にアニキにひろわれた2匹の猫。ときには泣きながら、ときには笑いながら、オレたちはいつも一緒だった。クロが死に、オレは漫画家になり、結婚し、子どもが生まれ、生活も場所も変わったがオレとチン子の関係はずっと変わらなかった。そんなチン子とオレにとって、大きな変化がおとずれた。チン子はもう17歳。人間でいえば80歳を越え、オレも40歳を過ぎて鼻毛に白髪がまじるようになってきた。このままチン子がいなくなったらどうしよう。仕事も金もなにもなくオレにはチン子しかいなかった。チン子にたよっていたのはオレのほうだった。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 21pt
777 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
日々是犬猫かぞく~でんぢらう日記~ 漫画

日々是犬猫かぞく~でんぢらう日記~ 漫画日々是犬猫かぞく~でんぢらう日記~
884円
印刷局で働く元武士の大村傳次郎と妻・絹江、息子・清太郎、娘・みや、愛犬ドン、愛猫ミャー、愛兎うさ吉… 明治の日常をあた...
詳しく見る
このページのTOPへ