輪るピングドラム3 【小説版】
出版社 幻冬舎コミックス
作者 幾原邦彦 高橋慶 星野リリィ
発行形態  書籍
最終巻発売日  2014年12月12日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

両親のいない高倉家は、双子の冠葉と晶馬、そして妹の陽毬の三人で暮らし。ある日、余命いくばくもない陽毬が息絶え、絶望する冠葉と晶馬。しかし、死んだはずの陽毬がペンギン帽子を被り起き上がり「生存戦略!」と叫び、冠葉と晶馬に「ピングドラムを手に入れろ」と命ずる。陽毬は、ペンギン帽のおかげで生き延びることになったのだ。「ピングドラム」とはなにか――そのキーを握る荻野目苹果を探るうち、苹果は陽毬と友達になる。苹果の持つ、亡き姉・桃果の日記が「ピングドラム」なのか? 日記を巡り、人々の思惑が入り乱れる中、真砂子が高倉家を訪れる。「冠葉を返して」と陽毬に迫る真砂子。追い詰められた陽毬は忘れていた過去を思い出す。いらない子供が捨てられ、やがて透明になっていく場所・子供ブロイラーにいた陽毬に、「運命の果実を、一緒に食べよう」と言ってくれた少年――晶馬の手をとったことを。一方、冠葉は、陽毬の治療費のため、父の組織の残党と行動をともにするが……!?

 
1冊単位で買う
 
ポイント4% 48pt
1,300 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ