「うつ?」と思ったら副腎疲労を疑いなさい 9割の医者が知らないストレス社会の新病
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 SBクリエイティブ
作者 本間龍介 本間良子
レーベル SB新書
発行形態  書籍
最終巻発売日  2014年12月18日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

うつと間違われやすく、
しかも日本の医者の9割が知らない「副腎疲労」。
めまい、イライラ、だるさ、落ち込み、記憶力低下、
便秘、更年期障害、体重増加、無気力、無関心……
こんな兆候が出たら「副腎」に要注意!
本人も医者もうつと誤解しやすい
知られざるストレス社会の新病への対処法を
自身も「副腎疲労」で苦しんだ経験のある著者が
やさしく解説します。

●海外ではすでに常識の副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)
副腎はストレスに対応するホルモン「コルチゾール」を出している大切な臓器です。
クルミほどの大きさで、ホルモンの分泌から、血糖コントロール、免疫機能など、
重要かつ多岐にわたる機能があります。
副腎が疲労すると、身体にさまざまな不調をもたらし、
うつに似た症状まで見られることがわかっています。
疲れがなかなか取れない、なんとなく体調がよくない、なんだかイライラする……。
なかには病院に行っても原因がわからないことも多く、
実は「副腎疲労」が疑われることもあるのです。

●ストレスに打ち勝つには副腎を養生する!
副腎はけがや病気、仕事や対人関係の問題に至るまで、
あらゆるストレス源に身体が対処できるようにするという役割があります。
日本ではまだ副腎疲労は医者の間でもあまり知られておらず、
誤診をされやすいのが現状です。

●第一人者が教える「副腎」から健康を取り戻す決定版!
アメリカの副腎疲労の第一人者ウイルソン博士の
『医者も知らないアドレナルファティーグ』を翻訳し、
『しつこい疲れは副腎疲労が原因だった』などの著作で
日本で「副腎疲労」を大きく取り上げ
全国から患者が訪れる著者が、
その恐ろしいメカニズムから、
疑わしい人への生活・食事などの改善方法を紹介します。

ポイント3% 21pt
756 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ