ぼくは麻理のなか 4巻

 漫画
●ポイント3% 15pt
540(税込)
出版社 双葉社
作者 押見修造
掲載雑誌 漫画アクション
レーベル アクションコミックス
発行形態 コミック
発売日 2014年12月25日
カテゴリ 青年漫画
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

この姿を手に入れて、ホントは一番やりたかったこと――。麻理はどこへ行ったのか、考えを巡らせる≪ぼく≫、依、本物のぼくの3人。この状況をいつしか楽しむようになり余裕の出てきた≪ぼく≫は、ついに禁断の行為に――。『惡の華』『漂流ネットカフェ』で話題の押見修造最新作。「漫画アクション」にて連載中。
●ポイント3% 15pt
540(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 0
★★★★☆ ■ 0
★★★☆☆ ■ 2
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★☆☆ 3.00点/レビュー数2
3

展開は遅いが。

2018-12-08 By さん

新たな入れ替わりもので真相も斜め上、麻理には驚かされた。リアルなJK事情が描かれている。

ぼくは麻理のなか(紙書籍) についてのレビューです

3

まだ全巻読み終えていないので評価は★★★で

2017-02-19 By さん

『漂流ネットカフェ』の頃から気になっていた作家さんで、期待して読みましたら面白かったです。
とにかく女の子の描写が可愛い。
不穏で奇妙なお話なのに、女子高生が会話している様子に癒されます…。

ぼくは麻理のなか (電子書籍) についてのレビューです

540(税込)